野菜嫌いの子供も大人になれば克服できる。

私は小さい頃からお肉が苦手でした。

大人になってからは全く食べられないわけでもないのですが、小さい頃は本当に食べられませんでした。

でも、絶対に食べなさいとはあまり言われた記憶がありません。

どちらかというと、肉が食べられなくて可哀想だねと言われていましたし、大人になるとなおさらそうです。

 

でも野菜嫌いな子供は食べなさい食べなさいと怒られますよね。

ちょっと気の毒だなといつも思っていました。

野菜嫌いでも、今は美味しい野菜ジュースやスープだって売っていますし、野菜の栄養素がギュッと詰まっている酵素ドリンクだってあります。

(酵素ドリンクは私の酵素 ファスティング用)

 

工夫すればいくらだって野菜は食べられるし、大人になれば必ずといっていいほど、野菜は克服できます。

トマトが食べられなくたって、他の野菜が食べられればいいんです。

他で補えば問題ないです。

 

子供の時に無理に野菜嫌いをなおそうとしないほうが良いと私は思います。

怒られたり、無理に食べさせられたり、辛い思い出がトラウマにならないよう、大人になれば食べられるようになるよと、待ってあげることが必要です。

子供は給食などで徐々に自分で克服していきます。

 

野菜嫌いの子供に野菜を食べさせる方法

野菜嫌いの子供には、幼少期から味覚が発達しないまま、小学校の高学年を向かえた子供が多数見受けられます。

ピーマンや人参などが嫌いな子供が多数居ることが分かっています。

そこで、ピーマンと人参を料理する方法を考えてみます。

 

基本的な考えは、ピーマンと人参を微塵切りにして料理を提供する事です。

つまり、ピーマンと人参を包丁で丁寧に乱切りにして、それをミキサーの中へいれ粉々にするのです。

 

料理は、子供が好きな、カレーやハンバーグなどがターゲットとなります。

殆どの子供は、甘いものを好むのでカレーやハンバーグは、食べやすい食材になります。

ピーマンや人参が、カレーやハンバーグに含まれていると知らない子供は、美味しく、完食するでしょう。

 

この事を繰り返す事で、徐々に、子供はピーマンや人参への味覚に対しての抵抗もなくなり、微塵切りから乱切りの食材を食卓へ提供できる日も来る事でしょう。

子供の頃は、誰でも離乳食から始まり、徐々に野菜の味を覚えていきます。

その結果、健康な体の大人へ変身することが可能となります。

 

小さいサイズで食べられるニンジン

子どもの野菜嫌いは、珍しくありません。

子どもは、もともと甘い物が好きなため、あまり甘くない野菜が食べられないのは、当然なのかもしれません。

 

それでは、どうするのでしょう。

 

やはり、食べる練習をします。

例えば、ニンジンですと、生姜を擦る様に細かく擦って、ホットケーキの生地に混ぜ込んで焼いてしまえば、ニンジンだと気付かずに食べられます。

 

最初は、少ない量から始めるのが良いのでしょう。

その次は、ニンジンのみじん切りをチャーハンに混ぜ込んでしまいます。

お腹が空いていると、ペロリと食べてしまいます。

少しづつ、サイズを大きくして、ニンジンだと分かる大きさの場合、煮込んでしまうと甘くなり、食べやすくなります。

肉じゃがや、カレーライス等、子どもが大好きなメニューに入れると良いですね。

 

でも、やはり、子どもは気まぐれです。

食べられる時もあれば、食べられない日もあります。

そこは、子どもを叱りつけるのではなく、「次は、頑張って食べようね。」と促す方が良いでしょう。

野菜嫌いを叱りつけてしまうと、食事自体が嫌いになってしまうので、やはり、楽しい食卓作りから始めたら、きっと、食べられる様になるでしょう。

 

苦味を感じぬ味つけを

野菜が好きではない子供の中でも、特に苦手とされることの多いピーマンですが、実はこのピーマンが苦手というお子様は味覚がきちんと発達しているともいえるのです。

なぜならピーマンの苦味の理由は、アルカロイドの一種だからです。

 

野菜に含まれているのはごくごく微量で、人体に影響はないのですが、子供がその苦味を嫌っても無理はありません。

また人参などは、毒ではないのですが苦味とは逆の甘みが、料理の中でなんだか違った風味で好きになれないというのが理由としてあげられることがあります。

 

つまりそれぞれの味が、料理にマッチしていないことから、子供はどうもそのまま野菜そのものが苦手となっているのかもしれません。

 

そんな場合におすすめしたいのが、カレーです。

このカレーでしたら、多くの野菜の苦味などを隠せますし、子供はもともと好物な料理ですので、嫌がることも少ないでしょう。

カレーにしても野菜が駄目…というのであれば、ミキサーで砕いた野菜をルーと一緒に混ぜてしまえば、気がつかれることも少ないです。