野菜嫌いの子供に野菜を食べさせる方法

野菜嫌いの子供には、幼少期から味覚が発達しないまま、小学校の高学年を向かえた子供が多数見受けられます。

ピーマンや人参などが嫌いな子供が多数居ることが分かっています。

そこで、ピーマンと人参を料理する方法を考えてみます。

 

基本的な考えは、ピーマンと人参を微塵切りにして料理を提供する事です。

つまり、ピーマンと人参を包丁で丁寧に乱切りにして、それをミキサーの中へいれ粉々にするのです。

 

料理は、子供が好きな、カレーやハンバーグなどがターゲットとなります。

殆どの子供は、甘いものを好むのでカレーやハンバーグは、食べやすい食材になります。

ピーマンや人参が、カレーやハンバーグに含まれていると知らない子供は、美味しく、完食するでしょう。

 

この事を繰り返す事で、徐々に、子供はピーマンや人参への味覚に対しての抵抗もなくなり、微塵切りから乱切りの食材を食卓へ提供できる日も来る事でしょう。

子供の頃は、誰でも離乳食から始まり、徐々に野菜の味を覚えていきます。

その結果、健康な体の大人へ変身することが可能となります。