小さいサイズで食べられるニンジン

子どもの野菜嫌いは、珍しくありません。

子どもは、もともと甘い物が好きなため、あまり甘くない野菜が食べられないのは、当然なのかもしれません。

 

それでは、どうするのでしょう。

 

やはり、食べる練習をします。

例えば、ニンジンですと、生姜を擦る様に細かく擦って、ホットケーキの生地に混ぜ込んで焼いてしまえば、ニンジンだと気付かずに食べられます。

 

最初は、少ない量から始めるのが良いのでしょう。

その次は、ニンジンのみじん切りをチャーハンに混ぜ込んでしまいます。

お腹が空いていると、ペロリと食べてしまいます。

少しづつ、サイズを大きくして、ニンジンだと分かる大きさの場合、煮込んでしまうと甘くなり、食べやすくなります。

肉じゃがや、カレーライス等、子どもが大好きなメニューに入れると良いですね。

 

でも、やはり、子どもは気まぐれです。

食べられる時もあれば、食べられない日もあります。

そこは、子どもを叱りつけるのではなく、「次は、頑張って食べようね。」と促す方が良いでしょう。

野菜嫌いを叱りつけてしまうと、食事自体が嫌いになってしまうので、やはり、楽しい食卓作りから始めたら、きっと、食べられる様になるでしょう。